2017年04月13日

エティオピア物語 第十巻 13-4

  Τέλος, όταν διάβασε ο Υδάσπης για την εγκατάλειψη της Χαρίκλειας και για την αιτία της, ≪ το ήξερα ≫, είπε. ≪ ότι είχα αποχτήσει μιά κόρη・ τότε όμως είχα μάθει ― η ίδια η Περσίννα μου το είπε ― ότι είχε πεθάνει, ενώ τώρα μαθαίνω ότι την άφησαν έκθετη. Ποιός όμως τη βρήκε και την έσωσε και την ανάθρεψε και ποιός την έφερε στην Αίγυπτο όπου και αιχμαλωτίστηκε;





 とうとう、イダスピス王は、ハリクレアが捨てられたことについて、ハリクレアがそうなった理由についてを読んだのです。すると、こう言いました。「私はこのことを知っていた。私が一人娘を得ていたと言うことだ。けれども、私はこう教えられていた。ここに居るこのペルシナがこう言ったのだ。その娘は死んだのだと。今、私は、女王たちは娘を置き去りにしたのだ、と分かった。だが、誰がその娘を見つけたのだ? そして、誰がその娘を救ったのだ? 誰が育てたのだ? そして誰が、この娘をエジプトに連れて来たのだ? そこで、この娘は捕えられたのだけれど。」
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。