2017年04月14日

エティオピア物語 第十巻 13-5

  Αλλά και πώς αποδεικνύεται ότι αυτή εδώ είναι εκείνη; Ποιός μπορεί να βεβαιώσει ότι το έκθετο παιδί δεν πέθανε και ότι τα γνωρίσματα δεν έπεσαν στα χέρια κάποιου άλλου που τα οικειοποιήθηκε; Μήπως κάποιος δαίμονας μας παίζει άσχημα παιχνίδα και, φορώντας σαν προσωπείο τη μορφή αυτής της κόρης, διασκεδάζει με τον πόθο μας για τεκνοποιία και προσπαθεί να μας δώσει νόθο και υποβολιμαίο διάδοχο επισκιάζοντας με την ταινία την αλήθεια σαν με σύννεφο; ≫




 「けれども、ここに居るこの娘がその娘だと、どうやって証明するのだ? いったい、誰が、捨てられた子が死んでいない、と確かめることが出来るのだ? それに、この印しの品物が他人の手には落ちなかった、そして、不正に使われなかった、と確かめることが出来るのだ? あるいは、何かの悪魔が、酷い遊びで私たちを弄んでいるのではないのか? 仮面の様に、この娘の姿を被っているのではないか? そして、私たちが子供を切望している思いを、気晴しにしているのではないのか? その悪魔は、本当は雲の様なこの帯を使って、偽物の娘を、何所か他所から来た後継者を私たちに与えようとしようとしているのではないのか?」   



4月18日、訂正  
この独特の品物が他人の手には落ちなかった 
→ 
この印しの品物が他人の手には落ちなかった、
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。