2017年04月18日

エティオピア物語 第十巻 14-2

  Υπήρχαν όμως και κάποια άλλα γνωρίσματα εκτεθειμένα μαζί της, που εγώ τα έδωσα σ’ εκείνον που παρέλαβε την κόρη, έναν καθ’ όλα άψογο Έλληνα ≫. ≪ Κι αυτά επίσης σώζονται ≫, είπε η Χαρίκλεια κι έδειξε στη στιγμή τα περιδέραια. Ακόμα πιό πολύ ταράχτηκε η Περσίννα σαν τα είδε και, στην ερώτηση του Υδάσπη τί ήταν αυτά και άν μπορεί να του δώσει περισσότερες εξηγήσεις, το μόνο που αποκρίθηκε ήταν ότι τα αναγνωρίζει, αλλά, παρ’ όλ’ αυτά καλό θα ήταν να τα εξετάσει και στο σπίτι.





 「ですが、他にも、その娘と一緒に置き去りにされた印しの品物があったのです。私は、それを、娘を引き取った方に渡したのです。どの点でも、申し分のないギリシャ人でした。」 すると、その瞬間、ハリクレアは「それらも、ここに残ってます。」と言って、首飾りを見せたのです。それを見ると、ペルシナ女王は、更に、ひどく動揺したのです。それは何なのか、自分にもっと詳しい説明がでいるのか、と言う、イダスピス王の問い掛けに、ペルシナが答えたのは、ただ、見覚えがある、それでもやはり、自宅に持ち帰って調べるのが好いだろう、と言うことだけでした。     


posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。