2017年04月19日

エティオピア物語 第十巻 14-3

  Κι επειδή πάλι φάνηκε να αδημονεί ο Υδάσπης, ≪ αυτά ≫, είπε η Χαρίκλεια, ≪ είναι τα σημάδια αναγνώρισης που προορίζονται για τη μητέρα μου・ για σένα είναι αυτό το δαχτυλίδι ≫・ και έδειξε την παντάρβη. Και ο Υδάσπης, αναγνωρίζοντας το δαχτυλίδι που είχε χαρίσει στην Περσίννα για τους αρραβώνες τους, ≪ καλό μου κορίτσι ≫, είπε στη Χαρίκλεια, ≪ τα γνωρίσματα είναι βέβαια δικά μου αλλά δεν μπορώ ακόμα να πιστέψω ότι εσύ που τα χρησιμοποιείς είσαι η κόρη μου και όχι κάποια άλλη που κάπως έτυχε να τα βρεί・ γιατί σύν τοίς άλλοις το χρώμα σου είναι κατάλευκο και δεν φαντάζει αιθιοπικό ≫.





συν τοις άλλοις : εκτός των άλλων, μαζί με όλα τ' άλλα, σε όλα τα άλλα πρόσθεσε ότι, σαν να μη φτάνει αυτό





 すると、イダスピス王が、再び困惑した様子をしたのです。すると、ハリクレアがこう言いました。「これが、誰だかを識別する印しです。これは、誰がわたしの母かを分かる為に使うのです。あなた様には、この指輪です。」 こう言って、パンダビルを見せました。イダスピス王は、その指輪が何であるかが分かりました。それは、自分たちの婚約の為にペルシナに贈ったものだったのです。そしてハリクレアにこう言いました。「お嬢さん、それらの印しの品々は、確かに、私のものだ。しかし、私は、お前が私の娘だ、と、まだ信じることは出来ない。お前はそれを利用しているのだが。お前は、偶々それを見つけた、まったくの他人ではない、とは信じられないのだ。それより何より、お前の肌は、純白だ。エティオピア人の肌には見えないのだ。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。