2017年04月20日

わからない

 エティオピア物語 第十巻 14-4
≪ Λευκή ≫, είπε ο Σισιμίθρης, ≪ ήταν και η παιδούλα που βρήκα τότε εγώ και ο καιρός που πέρασε συμφωνεί με την τωρινή της ηλικία : συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. Αλλά και το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της, όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά ≫.

 まったく分からない。 
συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. のところ、
ώς τα τώρα の τα は、何なのか? τώρα に付く冠詞である筈はないし、中性代名詞複数形の弱形なのか? 
では、何故、この位置にあるのか? 
όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά のところも同様に、
τα τωρινά と。ただ、この τα は、中性複数の冠詞に思える。τωρινά は形容詞で、その前の όλα に対応しているのかと。ただその時の όλα は、過去のハリクレアの諸表情を言うのだろうけれど。  

また、
κλείσει の意味が分からない。 
εγκατάλειψή της の意味が分からない。 
το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της の意味が分からない。 είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της はβλέμμα を形容するのだろうけれど、その関係が理解出来ない。  



 これ程に、理解力に欠け、現代ギリシャ語の語彙に乏しい、私が、ギリシャ語を勉強する意味がない。今直ぐに止めるべきだ。 
 証明されたのは、私があまりに馬鹿だと言うことだけだった。
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。