2017年04月20日

エティオピア物語 第十巻 14-4

  ≪ Λευκή ≫, είπε ο Σισιμίθρης, ≪ ήταν και η παιδούλα που βρήκα τότε εγώ και ο καιρός που πέρασε συμφωνεί με την τωρινή της ηλικία : συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. Αλλά και το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της, όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά ≫.


 シシミシリスはこう言いました。「私が見つけた時には、その幼女は白い肌でした。過ぎ去った月日は、今のこの娘の年齢と一致しています。この娘が捨てられてから今までの年月は、全部で十七年になります。けれども、彼女が幼女の時の眼差し、彼女の様々な表情、それに、驚く程の美しさ、それらのすべてが今の彼女のものに似ている様に、私には思われます。」  




συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. のところ、 
κλείσει は、空欄( ) を埋めよ、と言う設問の時の κλείνω の使い方なのだと思います。 
ώς τα τώρα の τα は代名詞だと思います。χρόνια 中性名詞複数 なのだと。τώρα は副詞。 
που είχε τότε は、το βλέμμα だけに掛かっている形容詞句なのだと思います。
το βλέμμα、τα χαρακτηριστικά、η ομορφιά の三つの実詞、主格が並列されて、 
それが合わさるので、動詞 φαίνονται が三人称複数形なのだと。 

posted by kyotakaba at 14:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。