2017年07月06日

34. Ο ανθρώπους που τρώει το δάσος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十四章「森を食い尽す人間」3   





  Εδώ και δυο χρόνια έχουν αρχίσει να βγάζουν κρυφά ρετσίνι. Πολλά από τα πιο όμορφα πεύκα του Χλωρού είναι πελεκημένα και γδαρμένα.  
  Έτσι οι Πουρναρίτες μπήκαν στο δάσος, όπως το σκουλήκι μπαίνει στον κάμπο και το σαράκι στο ξύλο.      





 彼等が、こっそりと松脂を採る様になって二年です。ハロロの美しい松の中の多くが、今は、斧で切られ、皮が剥がれているのです。 
 そうして、プウルナリ村の人々は森に入りました。まるで、毛虫が樹の幹に入る様です、また、木喰い虫が材木に入り込む様にです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。