2017年07月20日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」2   





  ≪ Και τι, από τον δασοφύλακα πρέπει να τα περιμένουμε όλα; ≫ είπε ο Μπαρμπακώστας. ≪ Εμείς τι είμαστε; Καθένας που περνάει από 'δώ μέσα πρέπει να φυλάξει το δάσος. Κάθε άνθρωπος, όπου βρίσκεται, πρέπει να το προστατεύει όπως μπορεί. Εγώ έκανα το χρέος μου ≫.  
  Αφού ένας άνθρωπος αγράμματος κινδύνεψε για να σώσει τα δέντρα, αξίζει δα να κοπιάσουν γι' αυτά και τα παιδιά.      





 バルバコースタスはこう言ったのですよ。「それで、僕たちは、何もかもを森林護衛官に期待するのが好いの? 僕たちはどうなの? ここから森の中を通る人は誰もが、森を守らなくてはならないよ。ここにいる人間は、それぞれが、自分が出来る様に森を見守らなくてはならないよ。僕は、僕の義務を果たすんだ。」 
 一人の無学な人が、森を残すことにとっては、危険になるのです。それだから、そのことに子供たちが苦労することは、価値があるのです。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。