2017年07月27日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」3    





  Ο Αντρέας τους είπε το άλλο πρωί ποιο είναι το χρέος τους.  
  Πέντε παιδιά έτρεξαν στο Μικρό Χωριό και ειδοποίησαν τους δύο χωροφύλακες που είναι εκεί, πως πλήγωσαν τον Μπαρμπακώστα. Άλλα πέντε πήγαν στους λατόμους και ειδοποίησαν τον δασοφύλακα για την καταστροφή που γίνεται στα πεύκα του Χλωρού.  
  Ο Μπαρμπακώστας ξύπνησε σήμερα καλύτερα. Τη νύχτα είχε πόνους, μα το δέσιμο της πληγής του με καθαρό επίδεσμο και το αντισηπτικό έφεραν αποτέλεσμα.    





 アンドレアスは、翌朝、ほかの子たちに自分たちの義務は何なのかを話したのです。 
 五人の子供がミクロ・ホリオに急いで行くのです、そして、そこに居る二人の村の警官に、バルバコースタスが怪我をさせられた、と報告するのです、と言うものでした。けれど、五人は、石切場に行って、ハロロの松に起こった壊滅について報告したのです。 
 バルバコースタスは、今日、少し良くなって目を覚ましました。夜には、ずっと痛みがあったのです、でも、彼の傷を清潔な包帯で巻いていたのと、化膿止めが功を奏したのです。 
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。