2017年11月28日

エティオピア物語 第十巻 41-1

  Στα λόγια του αυτά επευφήμησε ο στρατός και ξέσπασε σε χειροκρότημα σαν να τελούνταν ήδη οι γάμοι. Πλησίασε τότε ο Υδάσπης στους βωμούς και, λίγο πρίν κηρύξει την έναρξη της τελετής, ≪ Δέσποτα Ήλιε ≫, είπε, ≪ και Σελήνη δέσποινα, εφόσον ο Θεαγένης και η Χαπίκλεια κατά δικό σας θέλημα αναδείχτηκαν σύζυγοι, επιτρέπεται σ’ αυτούς και να ιερουργούν πρός τιμήν σας ≫.





 王のこの言葉に、軍隊は喝采をし、まるで既に結婚式が行われたかの様に、堰を切った様に拍手をしたのです。そうすると、イダスピス王は、祭壇に近づいて、直ぐに式典を開始すると公布したのです。こう言いました。「世界を治める太陽神よ、世界を治める月神よ、テアゲニスとハリクレアは、貴方達ご自身の意志の下、夫婦になりましたのですから、この二人に貴方達を祀る司祭をするのをお許し下さい。」   

posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。