2017年11月29日

エティオピア物語 第十巻 41-2

  Και λέγοντας αυτά έβγαλε τις δυό μίτρες, τη δική του και της Περσίννας, που ήταν τα σύμβολά της ιεροσύνης, και τις φόρεσε στον Θεαγένη και στη Χαρίκλεια・ ο Χαρικλής θυμήθηκε τότε το χρησμό των Δελφών και κατάλαβε ότι επαληθευόταν η παλιά προφητεία που έλεγε ότι οι δυό νέοι, μετά τη φυγή τους από τους Δελφούς,



θα φτάσουν στη σκοτενόχρωμη χώρα του Ήλιου
κι εκεί θα λάβουν το μέγα έπαθλο της αρετής τους,
στέμμα λευκό πάνω στους μαυρισμένους τους κροτάφους.






 こう言うと、イダスピス王は、二つのミトラ( 主教冠 ) を、一つは自分のもの一つはペルシナのものを、外したのです。それは、聖職の象徴なのでした。そして、そのミトラをテアゲニスとハリクレアに被せたのです。そうすると、ハリクリスは、デルフォスの神託を思い出したのです。そして、古い予言が実現したのだ、と理解したのです。予言では、二人の若者がデルフォスから立ち去った後、次の様になると言っていました。  

「二人は、日輪で黒くなった土地に辿り着くであろう 
その土地で、二人は、己らの徳に褒美を貰うだろう 
黒くなった顳顬に純白の王冠を戴くだろう 」
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。