2017年11月30日

エティオピア物語 第十巻 41-3

  Στεφανωμένοι λοιπόν με μίτρες λευκές οι δυό νέοι, ανέλαβαν αμέσως τα ιερά καθήκοντά τους και τέλεσαν με επισημότητα τη θυσία. Αμέσως ύστερα, υπό τον ήχο των αυλών και των συρίγγων και συνοδευόμενοι από το πλήθος που τους επευφημούσε χειροκροτώντας και χορεύοντας, κατευθύνθηκαν πρός τη Μερόη, ο Θεαγένης μαζί με τον Υδάσπη πάνω σε άρμα που το έσερναν άλογα ( ο Σισιμίθρης και ο Χαρικλής επέβαιναν σε άλλο ) και η Χαρίκλεια μαζί με την Περσίννα πάνω σε άρμα που το έσερναν βόδια λευκά・ σε λίγο η πομπή έφτασε στην πόλη, όπου και τελέστηκαν με κάθε επισημότητα οι ευτυχισμένοι γάμοι.





 そうして、純白のミトラを戴冠された若い二人は、直ぐに、自分たちの職務を果たしたのです。犠牲祭の儀式を行ったのです。その後は直ぐに、廷臣達の声、笛の音の下、二人に拍手で喝采を送り踊りながら付いて来る民衆たちと共に、メロイに向かったのです。テアゲニスはイダスピス王と一緒に、二輪戦車の上に居ました。戦車は馬が牽いているのです。( シシミシリスとハリクリスは別の物に乗っていました。 ) ハリクレアはペルシナ女王と一緒に、白い牛が牽く二輪戦車に乗っていました。間もなく、行列は都市に着きました。そこで、幸せな、そして厳粛な結婚の儀式が幾つも執り行われたのです。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。