2018年03月08日

Ο Μέγας Ανατολικός, τόμος 1ος, Κεφάλαιο 6ο 2

 アンドレアス・エンブリコスの『 Ο Μεγάς Αντατολικός 』の第一巻、6章から、ウィキソースに引用されていたもう一つの部分:  





  Τι συμβαίνει, διηρωτάτο με σπαραγμόν η νεανίς, και δεν ημπορεί κανείς να απολαμβάνη πάντοτε τον έρωτα σαν μίαν ωραίαν οπώραν {…}, σαν ένα ωραίο τοπείον, σαν ένα ωραίο ξένοιστο πρωί, πασίχαρο, αυροφίλητο, γιομάτο ευφροσύνη, σαν ένα μυροβόλο περιβόλι, ή σαν μια καθαρή αμμουδιά, λουσμένη από γαλάζιο πέλαγος ευδαιμονίας; Μήπως δεν φταίει καθόλου, μα καθόλου ο έρως – εξηκολούθησε να σκέπτεται μα αιμάσσουσαν καρδίαν η Υβόννη. Μήπως φταίει ο τρόπος με τον οποίον αντιμετωπίζουν οι άνθρωποι τον έρωτα, τόσον εις το ατομικόν, όσον και εις το κοινωνικόν επίπεδον; Μήπως, αν δεν έμπαινε στη μέση το λεγόμενον ≪αίσθημα≫ και η λεγομένη ≪ηθική≫, θα ημπορούσε τότε μόνον να είναι ο έρως τέλειος και απλός και εύκολος, επ’ άπειρον πανήδονος και απολύτως παντοδύναμος – όλο χαρά (μόνο χαρά), όλο γλύκα (μόνο γλύκα), χωρίς απαγορεύσεις, στερήσεις, πικρίες, διάφορα ≪μούπες-σούπα≫ και άλλα αηδή και ακατανόητα, όπως η αποκλειστικότης, η εντός του γάμου αγνότης και όλη η σχετική με αυτόν απέραντη όσον και μάταια ηθικολογία και φιλολογία; Με τας τελευταίας σκέψεις, η Υβόννη έπαυσε να κλαίη. Της εφάνη ωσάν να είχε λάμψει αιφνιδίως εις το σκότος ένα φως λαμπρόν, μια δέσμη φωτεινή μεγάλου φάρου τηλαυγούς.



 若い娘が悲嘆の為に自身に疑いを抱く様になり、誰も、美味しい果物の様に、美しい風景、気持のよい清々しい朝の様に、嬉しさ、気持のよい微風、胸いっぱいの喜び、薫りの好い庭、あるいは、豊穣の蒼い海に洗われた清浄な砂浜の様に、恋をまったく得られない様になるとは、何が起こったのだ? もしかしたら、まるで間違っていないのかもしれない、恋は、と、イボニーは出血する心で考え続けた。もしかしたら、人間たちが、社会的な面と個人的な面を同等にして、恋に対して疑いを持って対処すると言う方法が間違っているのではないか? もしかしたら、「感情」と呼ばれているものと「倫理」と呼ばれているものの中央に入るのでなければ、恋それだけならば、恋は完璧で純粋で簡単なものの筈ではないだろうか? どんな範囲も越えてこの上なく美しく、完全に全能なのではないのだろうか? ― 全ての喜び ( 唯一の喜び )、全ての優雅さ( 唯一の優雅さ )であるもの、どんな禁忌も欠乏も苦しみも「言えば切りがない」差異も無く、また、独占するものの様に他からの嫌悪や無理解もない様なものではないだろうか? 無限へとその関係を延ばしていて、教訓的な説話や文学は無力なものではないだろうか? 最後に考えたことで、イボニーは泣くのを止めた。それは、眩しい光が突然に闇を照らしたかの様だった。遠くまで届く巨大な灯台の光束の様だった。  

posted by kyotakaba at 12:54| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、インターネットで偶然お見かけしてコメント致します。現在大学性をしているものです。私は、ベトナム出身ですが、大学で大変困っている学生を見かけました。ギリシャ語を現在学んでいる人口はどのくらいいるのでしょうか?決して多くないと思います。このままでは友達が一人困ってしまうので、日本帰国語ギリシャ語やギリシャ一般についてアドバイスをしてくださる方を探しています。どうかお返事ください。お待ちしております。
Posted by 大学生、ギリシャから帰国 at 2018年03月09日 05:42
大学生、ギリシャから帰国さん、コメントをありがとうございます。 
あなたは大学生なのですから、まずは、あなたが通われている大学にお尋ねになるのが、一番かと私は思います。
古典ギリシャ語でしたら、立命館大学にも授業はあるのではないでしょうか?
京都大学にはありますよね。 
北白川にあるのでしょうか? 私は知らないのですけれど。山の学校、というところがあるそうです。そこでは、古典ギリシャ語も教えている様です。 
広島大学には、以前、浮田 三郎 ( うきだ さぶろう )さんと言う教授がいらして、現代ギリシャ語の講座がありましたが、今はもうないかも知れません。 
慶應義塾大学でしたら、西村太良 ( にしむら たろう ) さんと言う教授、やはりもう大学には居られないと思いますが。お尋ねになれば、誰か他の教授をご紹介して下さるかも知れません。 
現代ギリシャ語、現代ギリシャ文学と言うことでは、学んでいる人は少ないでしょう。 
Posted by kyotakaba at 2018年03月09日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。