2019年04月16日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」6





  Μεγάλη νεροποντή που ήρθε από τις ράχες έπνιξε τα καλαμπόκια, τα καπνά και τα τριφύλλια του. Το νερό που κατέβασε ο χείμαρρος έσπασε ένα γεφύρι κι από κει όρμησε μέσα στο χωριό. Έπεσαν οπίτια στο Πουρνάρι, πνίγηκαν γίδια και πρόβατα, ακόμα κι αγελάδες. Λένε πως τρεις Πουρναρίτες, εκεί που πάλευαν να γλιτώσουν τα σπίτια τους, τους πήρε το νερό.





 尾根から来た猛烈な土砂降りの雨は、トウモロコシ、葉タバコ、クローバーを水浸しにしました。急流となって降る水は、橋を壊し、そこから村へなだれ込んだのです。プウルナリのどこもかしこもを壊しました。山羊や羊や、その上に、牛までも溺れ死にさせたのです。家を守ろうと頑張った三人のプウルナリの人が、水に攫われたと言うことなのです。   





posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。