2019年04月17日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」7





  Ακούγοντας αυτή την καταστροφή, τα παιδιά έμειναν αμίλητα και λυπημένα. Ο χωριάτης όμως κούνησε το κεφάλι του και είπε για τους Πουρναρίτες: ≪ Αφού δεν άφησαν ρίζα ξερή στις ράχες, ποιος τους έφταιξε; Οι ίδιοι το ‘φεραν το νερό που τους έπνιξε ≫.





 その被害を聞いて、子供たちは、悲しんで黙ったままでした。けれども、村人は、頭を振ってプウルナリの人々のことをこう言ったのです。「あの人たちが尾根の樹の根を枯らせたのだからね、あの人たちの災いは誰の所為だい? あの人たち自身が、自分たちを溺れ死にさせた水を持って来たのだよ。」 



第六十九章「子供たちの小屋での嵐」、おわり   



posted by kyotakaba at 12:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。