2019年04月23日

70. Ένα μήνυμα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」2





  Η Αφρόδω ακούστηκε να τελειώνει το τραγούδι που είχε αρχίσει μια φορά. Η φωνή της ήταν λυγερή και παραπονιάρικη, σαν το λάλημα της φλογέρας. Το ‘λεγε λυπημένα, το ‘λεγε και χαρούμενα, ώσπου το τραγούδι έσβησε μέσα στον λόγγο.
  ≪ Άκου, η Αφρόδω! ≫ είπε ο Δημητράκης στον Λάμπρο, καθώς έκαναν το μάθημα.
  ≪ Την παντρεύουμε ≫, είπε ο Λάμπρος.
  ≪ Αλήθεια; ≫ ρώτησε ο Δηνητράκης, σαν να μην το πίστεψε.
  ≪ Τη δίνουμε πέρα σ’ ένα χωριό που το λένε Περιστέρι. Σε άλλο βουνό ≫.
  ≪ Πότε; ≫
  ≪ Την άλλη Κυριακή ≫.





 アフロドウがさっき始めた歌を終えるのが聞こえました。彼女の声は、細くて泣いているようでした。まるで、鳥笛の様でした。悲しそうでした。嬉しそうでした。そして到頭、歌は藪の中へ消えて行きました。  
 「聞いて、アフロドウだ!」と、ディミトラキスはラブロスに言いました。その時、勉強をしていたのです。 
 「うちは、姉さんをお嫁に出すんだ。」とラブロスは言いました。
 「ほんとう?」、ディミトリスは、信じられないと言う様に尋ねました。 
 「ずっと向こうの村に遣るんだ。ペリステーリと言う名前の村だよ。あっちの山だよ。」 
 「いつ?」 
 「次の日曜日に。」   



posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。