2019年04月24日

70. Ένα μήνυμα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」3





  Ο Δημητράκης πήγε να το πει αμέσως στ’ άλλα παιδιά. Καλύτερα να μην το είχαν μάθει. Είναι συλλογισμένα, είναι πολύ λυπημένα. Μόνο ο Λάμπρος δεν είναι λυπημένος. Τον νου του τον έχει στο βιβλίο. Σφίγγει το καλαμάρι που του χάρισαν τα παιδιά, κρατάει καλά την πένα και γράφει. Μόνος του γράφει. Κάθεται, συλλογίζεται, και κείνα που έχει μέσα στο κεφάλι του, τα λέει στο χαρτί.
  Η βροχή πήρε κάμποσα πράγματα, πήρε και τη ζάχαρη. Δεν πήρε όμως το τετράδιο του Λάμπρου.





 ディミトラキスは、すぐに、他の子たちに教えに行きました。知らない方が良かったのです。子供たちは物思いに沈んでしまいました、とても悲しかったのです。ラブロスだけが、悲しんでいませんでした。ラブラスの頭は本でいっぱいでした。子供たちがラブロスに上げた、インク壺を握りしめ、ペンを上手に手に取って書くのです。ラブロスは自分一人で書くのです。座って、考えて、自分の思考に集中している彼は、その考えたことを紙の上で述べているのです。 
 雨はたくさんのものを持って行きました。砂糖も持ち去りました。けれども、ラブロスの帳面は持って行かなかったのです。   



posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。