2019年04月25日

Η βασιλική δρυς 6

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Πες τους να μη με κόψουν, αλλιώς θα κάνω ακούσια κακό. Δεν είμαι νύμφη αθάνατν. Θα ζήσω όσο ζει κι αυτό το δέντρο… ≫


Έφυγα έντρομος, τρέχοντας όσο πιο γρήγορα μπορούσα.


Πήγα τους γονείς μου. Είχαν τρελαθεί απ’ την ανησυχία τους.





「他の人たちに、私を切らない様に言いなさい。そうしなければ、不本意だけれど、お前に災いを与えてやろう。私は、不死の妖精ではないのだ。この樹が生きている限り、生きれるのだ…」 

僕は驚いて立ち去った、そして、出来るだけ速く走った。 

僕は両親の元へ行った。両親は、気も狂わんばかりに僕を心配していた。  





posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。