2019年05月09日

Η βασιλική δρυς 7

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Αργότερα έμαθα, διαβάζοντας μυθολογία, ότι οι Αμαδρυάδες πεθαίνουν με τη δρυ στην όποια βρίσκονται ενσωματωμένες.

Έλειπα για χρόνια από το νησί. Όταν επέστρεψα, μεγάλος πια, επισκέφτηκα τα μέρη των παιδικών μου ανάμνησεων.

Η βασιλική δρυς δεν ήταν πια εκεί.

≪ Τί απέγινε το μεγάλο δέντρο που βρισκόταν παλιά εδώ πέρα; ≫

≪ Ο σχωρεμένος ο Βαργένης το έκοψε. Κι από τότε που το έκοψε… ≫

≪ … προκοπή δεν είδε. αρρώστησε και σε λίγες μέρες πέθανε! ≫

Τελικά το μεγάλο δέντρο ήταν στοιχειωμένο!





後になって、神話を読んだことで、僕は、ハマドリュアスたちは樫の木と一緒に死ぬと言うことを知った。彼女たちは樫の中にいたのだから。 

僕は、何年も島を留守にしていた。帰ったのはずっと大きくなってで、その時に、子供時代の思い出の場所を訪ねた。 

女王の樫の樹はそこにはなかった。 

「昔ここにあった大きな樹はあれからどうなったのですか?」  

「バルゲニスが許しをもらって伐ったのです。それで、伐った後…」 

「…、儲けは見なかったのです。病気になって、ほんの二、三日で死んでしまいました。」 


結局、巨樹は霊に取り憑かれていたのだ!     





おわり   


グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』、全部終わり。  


posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。