2019年05月13日

70. Ένα μήνυμα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」4






  Να τι έγραψε προχτές στο τετράδιό του: ≪ Είμαι ο Λάμπρος Πέλεκας του Αντωνίου από τη Γρανίτσα, του δήμου Απεραντίων. Έχω και την Αφρόδω αδερφή και σκύλο τον Μούργο. Και παππούλη τον Γεριθανάση. Και δάσκαλο τον Δημητράκη. Κι έναν σουγιά. Τα γίδα είναι άταχτα ζωντανά. Τα καλά παιδιά πηγαίνουν στο σκολειό και μαθαίνουν να γράφουν. Το πουρνάρι έχει τον καλύτερο ίσκιο. Ένα, δύο, τρία τέσσερα, πέντε, έξι, εφτά, οχτώ, εννιά, δέκα. Έχω και καλαμάρι.
  Άγιος ο Θεός, αμήν.
  Λάμπρος Πέλεκας του Αντωνίου από Γρανίτσα ≫.
  Αυτά τα είχε γράψει ο Λάμπρος. Όλοι οι τσοπάνηδες, που είναι στα Τρίκορφα και στ’ άλλα βουνά κι ο Γεροθανάσης μαζί, δεν ξέρουν τόσα γράμματα.





 では、おととい、ラブロスは自分の帳面になんとかいたでしょう、こうなのですよ:「ぼくはペレカス・アントニオすの息子、ラブロス。アペランディオ郡のグラニツァ出身です。姉さんがいます、アフロドウです。犬のムロゴスもいます。それに、おじいちゃんのゲロサナシス。それから、ディミトラキス先生がいます。それに、ナイフを一本持ってます。ヤギ達はきかんぼうで元気でいっぱいです。いい子たちは学校に行って、字を書くのを習います。ひいらぎにはいい木陰があります。いち、に、さん、よん、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう。それから、僕は、インク壺を持ってます。 
 アギオス、セオス、アミーン。 
 グラニツァ生まれのペレカス・アントニウスの息子、ラブロス。」   
 これがラブロスが書いたものです。トリコルファや他の山にいる羊飼いたち、ゲロサナシスもそうですが、彼らはこれ程たくさんの文字を知らないのです。





第七十章「ひとつの知らせ」、おわり。   



posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。