2019年05月21日

71. Στο μοναστήρι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」4





  Και διηγήθηκε σ’ αυτόν και στους καλογέρους, που ήρθαν εκεί, το ταξίδι των παιδιών στο βουνό. Οι καλόγεροι, που σπάνια βλέπουν ανθρώπους, άκουγαν με προσοχή τις ιστορίες των παιδιών, το ανέβασμα στον Αραπόβραχο και το χάσιμο του Φάνη, σαν να άκουγαν καλό παραμύθι.





 そして、ステファノスさんは、山での子供たちの旅のことを、修道院長とそこにやってきた修道士たちに物語ったのです。滅多に人間を見ることのない修道士たちは、注意深く、子供たちについての物語りを聞きました。アラポブラホスに登ったこと、ファニスが行方不明になったこと、それらを、まるで面白いおとぎ話を聞く様に聞いていたのです。   






posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。