2019年05月22日

71. Στο μοναστήρι 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」5





  ≪ Να που έγινες κι εσύ μια φορά ερημίτης σαν κι εμάς ≫, είπε ο πατήρ Δανιήλ στον Φάνη. Και τον χάιδεψε.
  Ο κελάρης έφερε τον δίσκο με το γλυκό και με το κρύο νερό. Κι όταν ξεκουράστηκαν τα παιδιά, βγήκαν να δουν το μοναστήρι. Γύρισαν στο περιβόλι, που το φυτεύουν και το σκαλίζουν οι καλόγεροι. Πήγαν στις συκιές κι έκοψαν γλυκά σύκα. Είδαν παραπέρα τις καρυδιές και τις βελανιδιές, είδαν και τα όρθια κυπαρίσσια, που στέκουν από εκατό χρόνια και φυλάνε το μοναστήρι.





 「すると、君は、一度は、私たちの様な隠者になったわけですね。」とダニイル司祭はファニスに言いました。そして、彼を撫でました。 
 ケラリス[ 修道院の食料庫の責任者 ] が一皿のお菓子と冷たい水を持って来たのです。そして、子供たちは疲れが取れて元気になると、外に出て修道院を見て回ったのです。果樹園を回りました。修道士たちが耕して植えた果樹園なのです。子供たちはイチジクの木のところへ行きました、イチジクを捥いだのです。向こうに、クルミの樹やクヌギの樹があるのにも気がつきました。それに、まっすぐな糸杉の樹が何本もあるのも目にしたのです。糸杉は、百年も立っているのです、そして、修道院を見守っているのです。   






第七十一章「修道院で、おわり。 

posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。