2019年05月27日

72. Ο εσπερινός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」1





Ο εσπερινός



  Στις έξι το δειλινό σήμανε η καμπάνα.
  Ο Φάνης μπήκε στην εκκλησία και στάθηκε σε μια γωνιά κοντά σε έναν στύλο. Εκεί ήρθαν ύστερα και τ’ άλλα παιδιά. Ο κυρ-Στέφανος ανέβηκε σ’ ένα στασίδι. Η εκκλησία ήταν σκοτεινή και είχε μια ευωδιά σαν από βάγια. Ο Φάνης έβλεπε στους τοίχους και στον θόλο παλιές ζωγραφιές αγίων. Το πρόσωπό τους ήταν μαυρισμένο από την πολυκαιρία, μα ο φωτοστέφανος που είχαν γύρω στο κεφάλι τους έλαμπε.





 夕方の六時に鐘が鳴りました。 
 ファニスは教会に入りました、そして、柱の近くの角に立ったのです。すると、そこに、他の子供たちも来ました。ステファノスさんは、信者席の一つに着きました。教会は暗くて、棕櫚の葉からする様な良い香りがしました。ファニスは、幾つもの壁に、そして丸天井に描かれている聖者たちの古い絵を見ました。聖者たちの顔は、長い年月で黒ずんでいました、でも、聖者たちの頭を取り巻いている光輪は輝いていました。   


posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。