2019年05月28日

72. Ο εσπερινός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」2





  Πρώτος μπήκε μέσα ο πιο γέρος από όλους τους καλογέρους, ο πατήρ Ιωσήφ, σκύβοντας τη ράχη και τρέμοντας στα πόδια του. Με όλα τα γερατειά του πέρασε από όλες τις εικόνες και τις ασπάστηκε, τη μία κοντά στην άλλη, κατά την τάξη των αγίων, κρυφοψέλνοντας το τροπάριο του καθενός. Έπειτα σύρθηκε στο στασίδι του αριστερού ψάλτη και κάθισε με πολύν κόπο.





 最初に、修道士全員の中で一番歳をとった、背中は曲がり足が震えているイオシフ司祭が、入って来ました。全身老いた体で、全てのイコンに立ち寄りました。聖者たちの順に従って、ひとつ、その側のひとつと立ち寄ったのです。そして、聖者の讃歌を口の中で歌いながら、イコンに口づけしました。それから、左の聖歌隊の席に足を引きずって行って、大変な苦労をして座ったのです。   





posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。