2019年05月29日

72. Ο εσπερινός 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」3





  Ο πατήρ Γαβριήλ, ο λειτουργός, άνοιξε ελαφρά τη δεξιά πόρτα του ιερού, που είχε ζωγραφισμένο τον αρχάγγελο με το αστραφτερό σπαθί και μπήκε μέσα. Φόρεσε το πετραχήλι του και είπε : ≪ Ευλογητός ο Θεός ημών πάντοτε, νυν και αεί και εις τους αιώνας των αιώνων ≫.
  Τότε άρχισε ο εσπερινός.





 ガブリイール司祭が、ミサの執行役だったのですが、至聖所の右の扉を優しく開けました。扉には、煌めいている剣を持った天使長が描かれていました。そして、司祭は入って来ました。ペトラヒーリを着ていました。そして言いいました。「我らが神は、この今も、永遠にも、幾世紀にも、讃えられている。」 
 そうして、晩祷が始まりました。 




posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。