2019年05月31日

夢十夜 第一夜の1-1

 αで撰集抄の現代ギリシャ語訳をしていたのだけど、( と言っても、内容を簡単にして、 ) 今度は、夏目漱石の『夢十夜』を現代ギリシャ語に訳してみようかと思って。 

第一夜の1-1: 

 こんな夢を見た。
 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。



  Είχα ένα όνειρο, το εξής:
  Καθόμουν με σταυρωμένα χέρια. Βρισκόμουν πέρα από το κεφάλι της μιάς γυναίκας. Η γυναίκα πλάγιαζε ανάσκελα. Έτσι, αυτή είπε με απαλή φωνή : ≪ Εγώ θα πεθάνω σε λίγο. ≫





posted by kyotakaba at 16:39| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。