2019年06月03日

72. Ο εσπερινός 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」4





  Έμπαινε στην εκκλησία κάθε τόσο ένας καλόγερος πολύ σιγά, σαν να ήταν μια σκιά, και πήγαινε σ’ ένα στασίδι. Εκεί πια στεκόταν ακίνητος, σαλεύοντας μόνο κάποτε το χέρι για να σταυροκοπηθεί.





 教会には、修道士が一人ずつとてもゆっくりと入って来ます、まるで影の様です、そして、席へと歩いたのです。それから、そこに、動かずにずっと立っていました、ただ、たまに、十字を切るのに手が揺れるだけでした。   





posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。