2019年06月04日

72. Ο εσπερινός 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」5





  Ο πατήρ Αμβρόσιος, ο αγιορείτης, που είχε τη λυγερή φωνή και ήξερε την ψαλτική από τα παλιά βιβλία, έψελνε χωρίς να κουνάει καθόλου το κεφάλι ούτε το χέρι. Το έλεγε ασάλευτος, σαν κολόνα της εκκλησίας, γιατί έτσι ψέλνουν στο Άγιον Όρος. Από το αριστερό απαντούσε ο πατήρ Ιωσήφ. Μόλις ακουγόταν η φωνή του.





 アンブロシオス司祭は、アトス山の修道士なのですが、しなやかな声をしていて、古い本で詩篇を覚えていたのですが、頭も手も揺らすことなく詠唱したのです。司祭は詩篇を全く動かずに語ったのです、その様子はまるで教会の柱の様でした。それは、アトス山ではその様に詠唱していたからなのです。左側から、イオシフ司祭が応えました。アンブロシオス司祭の声が聞こえたら直ぐになのです。   






posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。