2019年06月05日

72. Ο εσπερινός 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」6





  Άμα ο παπάς είπε την τελευταία ευχή, οι καλόγεροι κατέβηκαν από τα στασίδια τους, σταυροκοπήθηκαν και βγήκαν από την εκκλησία ένας-ένας. Τελευταίος έμεινε ο πατήρ Ιωσήφ κι άρχισε πάλι, τρέμοντας στα πόδια του, να προσκυνά τις εικόνες με τη σειρά τους. Αφού έκανε ώρα πολλή να τις ασπαστεί, βγήκε αργοπατώντας και κρυφολέγοντας τους ψαλμούς μέσα στα χείλη του. Από την εκκλησία τράβηξε πέρα στο περιβόλι, βρήκε την άσπρη γίδα του δεμένη στον φράχτη και της έδωσε να φάει ένα δροσερό κλαράκι. Έπειτα πήγε και κλείστηκε στο κελί του.





 司祭が最後の祝福の言葉を述べると直ぐに、修道士たちは席から降りて、胸に十字を切りました。そうして、ひとり、ひとりと、教会から出て行ったのです。最後に残っていた、イオシフ司祭も、動き始めました。足を震わせながら、順番にイコンを拝んだのです。時間をたっぷりかけてイコンに口づけした後、口の中で讃歌を唱えながらゆっくり歩いて、外に出たのです。教会から果樹園の向こうまで足を引き摺って歩きました。すると、囲いに繋がれている真っ白の山羊に気がつきました。それで、一本の瑞々しい小枝を与えて食べさせたのです。それから、また歩いて行って、自分の独居室に入ると閉め切ったのです。   






第七十二章「晩禱」、おわり。   



posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。