2019年06月10日

73. Το απόδειπνο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十三章「夕食後のミサ」1





Το απόδειπνο




  Το βράδυ μετά το φαγητό οι αυλόπορτες του μοναστηριού έκλεισαν με βαριά σίδερα. Μα πάλι χτύπησε η καμπάνα.
  ≪ Είναι άλλος εσπερινός αυτός ≫, είπε ο κυρ-Στέφανος στα παιδιά. ≪ Είναι το απόδεινο ≫.
  ≪ Δεν το έχουμε στις δικές μας εκκλησίες ≫, είπε ο Φάνης.
  ≪ Στον κόσμο αυτά δεν γίνονται ≫, είπε ο ηγούμενος. ≪ Στα μοναστήρια όμως είναι αλλιώς κανονισμένο. Εμείς οι καλόγεροι μια δουλειά έχουμε, την προσευχή ≫.





 食事の後の夜には、修道院の庭門は、重い鉄で閉じられたのです。すると、また、鐘が鳴りました。 
 ステファノスさんが子供たちに「次の晩禱ですよ。」と言いました。「アポディプノと言います。」
 「ぼくたちの教会ではこの時間にミサはないです。」と、ファニスが言いました。 
 修道院長は、「一般にはないのです。」と言いました。「けれども、修道院には、違った規則があるのです。私たち修道士は、一つの仕事があり、祈祷があるのです。」   



posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。