2019年06月11日

73. Το απόδειπνο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十三章「夕食後のミサ」2





  Πάλι οι καλόγεροι μπήκαν στην εκκλησία, όλοι, ως κι ο πατήρ Ιωσήφ. Στο στασίδι ένας καλόγερος διάβαζε ψαλμούς ώρα πολλή…
  Η εκκλησία ήταν κατασκότεινη. Άλλο φως δεν είχαν μέσα παρά μόνο ένα κερί, εκείνο που κρατούσε ο καλόγερος για να βλέπει στο βιβλίο. Καθώς διάβαζε, τα παιδιά έβλεπαν την όψη του να φέγγει από το κερί με κόκκινο και ζωηρό φως, σαν να καίγεται.





 また、修道士たちは教会に入りました。イオシフ司祭までの全員です。席で、一人の修道士が詩篇を読みました、何時間もです…、 
 教会は真っ暗でした。一本のろうそくの他は、何の明かりもないのです。そのろうそくは、あの修道士が聖書を読むために持っているものです。修道士が本を読んでいる間、子供達は、修道士の顔がろうそくの赤い鮮やかなで照り映えているのを見たのです、まるで顔が燃えているようでした。   




第七十三章「夕食後のミサ」、おわり。   

posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。