2019年06月17日

74. Η λειτουργία 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」2





  Όταν ύστερα μπήκε ο ήλιος η λειτουργία έγινε πιο ωραία. Ο παπα-Γαβριήλ λειτουργούσε αργά, σιγόφωνα και με τάξη. Ο πατήρ Σερμαφείμ κι ο πατήρ Αγάπιος κι ο πατήρ Δανιήλ στα στασίδια τους, κρατώντας τα μακριά κομπολόγια, έλεγαν πότε-πότε κανένα τροπάριο. Όταν ο πατήρ Αμβρόσιος έψαλε το χερουβικό, τι γλυκά που ψήλωσε τη φωνή του! Οι καλόγεροι και τα παιδιά σκύβοντας προσκυνούσαν τα άγια, που έβγαιναν αργά. Εκείνη τη στιγμή θαρρούσες πως τα εικονίσματα ακούνε χαρούμενα την ψαλμωδία. Ο Φάνης ένιωθε πως ψυχή του πετούσε μαζί με τα ελαφρά σύννεφα που έβγαιναν από το θυμιατήρι…





 それから、太陽が入って来ると、奉神礼はもっと素晴らしいものになりました。ガブリイール司祭がゆっくりと静かな声で順番に式を執り行いました。セルマフェイム司祭とアガピオス司祭とダニイル司祭が、自分たちの席で、長いコンボロイを掲げて、時々、讃詞を唱えました。アンブロシオス司祭が智天使を詠唱した時の、あの高くした声はなんて優しいことでしょう! 修道士たちと子供たちは、身を屈めて聖徒たちを拝んだのです。聖徒たちはゆっくりと出て来ました。その時、みなさんは、イコンが詠唱を聴いて喜んでいるのだと思うでしょう。ファニスは、自分の魂が、吊り香炉から出て来た軽い雲と一緒に飛んていると思ったのです。   


posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。