2019年06月18日

74. Η λειτουργία 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」3





  Αμέσως, άμα πήραν το αντίδωρο, ο κυρ-Στέφανος με τα παιδιά ασπάστηκαν τις εικόνες, φίλησαν το χέρι των πατέρων και ξεκίνησαν. Είχαν να κάνουν πολύ δρόμο για να γυρίσουν στις καλύβες. Έφευγαν όλα ευχαριστημένα και στον δρόμο θυμούνταν ακόμα τη λυγερή φωνή του πατέρα Αμβρόσιου.
  Από πέρα γύρισαν και είδαν άλλη μια φορά το μοναστήρι. Φαινόταν σαν άσπρο σπιτάκι μέσα σε δέντρα ήσυχα, μακριά από τον κόσμο.





 アンディードロ[ 聖体のパン ]を手に取ると直ぐに、スレファノスさんはイコンに口づけしました、子供たちもそうしました。そして、司祭たちの手に口づけしてから出発しました。小屋に帰るのには、長い道のりがあったのです。みんなはとても感謝して立ち去りました、そして、道すがらずっと、アンブロシオス司祭のしなやかな声を思い出していたのです。 
 帰ってから、もう一度、子供たちは修道院を見たのです。森の中の白い小さな家に見えました、それは世間から遠くて構われずにいるのです。   





第七十四章「奉神礼」、おわり。   


posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。