2019年06月19日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」1





Ο γάμος της Αφρόδως




  Έρχεται το συμπεθερικό. Έρχεται στ’ άλογα με τα κόκκινα και με τα πράσινα κιλίμια…
  Μπροστά είναι ο παπάς με τ’ άσπρα γένια. Είναι και το φλάμπουρο με μήλο κόκκινο στην κορυφή.
  Ακολουθεί ο νουνός, ο γαμπρός κι οι συμπέθεροι. Οι άντρες με την κάτασπαρη φουστανέλα, οι γυναίκες με τα φλουριά στο στήθος. Όλα τα παιδιά είναι καλεσμένα στον γάμο. Ξεκίνησαν μαζί με τον κυρ-Στέφανο και πάνε στις βλάχικες καλύβες.





アフロドウの結婚 


 結婚の行列がやって来ます。赤と青の手織り敷き布を負った馬に乗って遣って来ます、…。 
 前には、白いひげの司祭がいます。旗竿のてっぺんに赤いリンゴを付けた三角旗があります。 
 名付け親が続きます、それから花婿、そして、花婿花嫁のそれぞれの両親。そうして、真っ白なフスタネーラを履いた男たち、胸にフロリーの金貨を着けた女たちが続きます。子供たちは、みんな、結婚式に招待されているのです。子供たちは、ステファノスさんと一緒に出掛けて、羊飼いの集落へ行ったのです。  





posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。