2019年06月24日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」2





  Μέσα σε μια καλύβα οι γυναίκες και τα κορίτσια στολίζουν τη νύφη. Όλη την ώρα που τη στόλιζαν, τα βιολιά έπαιζαν λυπητερό σκοπό. Άμα τελείωσαν το στόλισμα, ζήτησαν από ένα παιδί να φορέσει της νύφης το άσπρο παπούσι, που της το έφερε ο γαμπρός. Πρέπει να έχει και μάνα και πατέρα το παιδί που θα το κάνει αυτό.





 一棟の小屋の中で、女たちと少女たちが花嫁を飾っているのですよ。みんなが花嫁を飾っている間中ずっと、悲しい曲を奏でています。飾り付けが終わるとすぐに、女たちは一人の子供に、花嫁に白い靴の片方を履かせる様に頼んだのでした。その靴は、花婿が花嫁に持って来たものなのです。母さんと父さんは、この靴を履かせる子供を置いておかなければならないのです。   





posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。