2019年06月25日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」3





  Πήραν τον Φουντούλη. Αυτός έχει και μάνα και πατέρα και γιαγιά και παππού. Κι έχουν όλοι γερά δόντια. Έσκυψε και φόρεσε στη νύφη τα παπούτσια της κι η νύφη τον φίλησε στα κόκκινα μάγουλά του.
  Το απόγευμα έγιναν τα στεφανώματα. Ο παπάς διάβασε πολλές ευχές από ένα παλιό βιβλίο, που ήταν γεμάτο κεριά. Έψελνε ο παπάς κι ο ψάλτης και βοηθούσε κι ο Γεροθανάσης λίγο. Τα έχει ακούσει πολλές φορές ο Γεροθανάσης. Τόσες κόρες κι εγγονές πάντρεψε, που κοντεύει να τα μάθει απέξω. Επάνω στο στεφάνωμα ο νουνός έριξε στις πλάτες της νύφης και του γαμπρού ένα τριανταφυλλί μεταξωτό ύφασμα.





 みんなは、フォンドゥリスを選びました。フォンドゥリスは、母さんと父さんとおばあちゃんとおじいちゃんがいます。それで、その全員が、丈夫な歯をしているのです。フォンドゥリスは、身を屈めて花嫁に靴を履かせました。すると、花嫁は、フォンドゥリスの真っ赤なほっぺにキスをしました。 
 午後には、結婚式になりました。司祭は、一冊の古い聖書からたくさんのお祝いの言葉を読んだのです。聖書にはろうそくがいっぱいついてました。司祭が詠唱しました。聖歌隊の人が詠唱しました。それを、ゲロサナシスさんが少し手伝ったのです。ゲロサナシスさんは、これまで何度も聖歌を聴いたことがあるのです。何人もの娘と息子が結婚しているのです。ほとんど暗記しているのです。結婚式で、名付け親は、花嫁と花婿の背中に絹地のバラを投げつけたのです。  


posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。