2019年06月26日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」4





  Το βράδυ έστρωσαν το τραπέζι έξω από τις καλύβες. Η νύφη κάθισε στο ένα μέρος με τις συμπεθέρες μαζί και στο άλλο οι άντρες. Τα πρώτα ξαδέρφια της νύφης κι ο Λάμπρος μαζί έφερναν το φαγητό και κερνούσαν το κρασί.
  Όταν ο παπάς σήκωσε τα χέρια κι έφτιαξε το καλιμαύχι του, σώπασαν όλοι γιατί κατάλαβαν πως θα πει το τροπάριο. Και τότε ο γέρος ο παπάς από το Περιστέρι, με τα άσπρα του τα γένια, έψαλε ωραία με δυνατή φωνή τον ύμνο της Θεοτόκου.





 夜になると、みんなは小屋の外に食卓を幾つも広げました。花嫁は婚家の女性たちの一団と一緒に座りました。男たちは別の食卓に着きました。花嫁の本いとこの女の子たちとラブロスが一緒に、食事を運び、ワインを注ぎました。 
 司祭が手を上げて、カリマフィを直した時、全員が黙りました。司祭が讃詞を唱えるのが分かっていたからです。ペリステリから来た年老いた司祭は、白い髭を蓄えていましたが、力強い声で聖母の賛歌を詠唱したのです。  



posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。