2019年06月27日

夢十夜 第一夜の1-5-1

 自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢を眺めて、これでも死ぬのかと思った。それで、ねんごろに枕の傍へ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。   



  Εγώ, που θαύμαζα την στιλπνές μαυρλές κόρες της, απόρησα γιατί θα πεθάνει και αυτή που είχε τις κόρες που ήταν τόσο μαυρές ώστε φαίνονταν διαφανείς. Έτσι έβαλα το στόμα μου δίπλα στο μαξιλάρι της και πάλι της ρώτησα μύχια: ≪ Δεν θα πεθάνεις; Ηρεμείς; ≫
posted by kyotakaba at 16:06| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。