2019年07月01日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」5





  Έπειτα ήρθε η σειρά του Γεροθανάση να τραγουδήσει. Πάντα στους γάμους του σπιτιού του λέει το πρώτο τραγούδι ύστερα από το τροπάριο. Ο τσέλιγκας, κρατώντας το άσπρο του κεφάλι ακίνητο, είπε σιγά και σοβαρά τούτο το τραγούδι:

Ένας γέρος γέροντας,
κι ουδέ τόσο γέροντας,
εκατόν εννιά χρονών,
πότιζε το γρίβα του.
Τα βουνά τριγύριζε
και τα δέντρα κοίταζε.
≪ Σεις βουνά, ψηλά βουνά,
τώρα με την άνοιξη
δε με ξανανιώνετε
μένα και το γρίβα μου,
όπως ξανανιώνονται
και καινούρια γίνονται
τούτα τα χαμόδεντρα,
τα χιλιόχρονα κλαριά,
να γινόμουν κι εγώ νιός,
όπως ήμουν μια φορά; ≫






 それから、ゲロサナシスさんが歌う番が来ました。村の結婚式では、いつも、讃詞の後は、ゲロサナシスさんが最初に歌うことになっていました。白い頭を動かさずにいる、この牧人は、ゆっくりと真剣にこの様な歌を歌うのです: 

ひとりの年取った年寄り、 
こんなに年取ったものはいない、 
百と九歳の年寄り、 
自分の灰色の馬に水を飲ませる。 
山々が取り囲んでいる、 
樹々が見つめている。 
「山よ、高い山々よ、 
今は春だからといって、 
私を若がえらさないでお呉れ、
私と灰色の馬とを、 
春には新しくなる 
この茂みの様には、 
樹齢千年の樹々の様には、 
かつて一度はそうだった、
若者の私にしないでお呉れ、 
若返らさないでお呉れ。」   







追記: 
歌の歌詞の中の台詞の最後に、疑問符が付いているのだけれど、 
それがなぜかは分かりません。文章は、疑問文ではない様に思うのですが。 

posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。