2019年07月02日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」6





  Ο παπάς, καθώς άκουγε πως ο Γεροθανάσης ήθελε να ξανανιώσει, τον κοίταζε και χαμογελούσε.
  Ύστερα οι συμπέθεροι της νύφης τραγούδησαν τούτο το τραγούδι:

Πουλάκι κλαίει στον ποταμό,
κι εγώ έτυχε και διάβαινα.
Εστάθηκα και το ρωτώ:
≪ Τι έχεις και κλαις, πολάκι μου; ≫
≪ Εχτές ήμουν στη μάνα μου,
Κι απόψε στο πεθερικό ≫.






 司祭は、聴きながらゲロサナシスさんはどれだけ若返りたいのだろうと思い、彼を見つめて微笑んだのです。 
 それから、花嫁の両親がこの様な歌を歌いました: 

小鳥が川で泣いてます、 
そこに、わたしは、たまたま通りかかりました。 
それで、立ち止まって小鳥に尋ねました: 
「どうして泣いてるの? 小鳥さん」 
「きのうまで、わたしは母さんと一緒にいました、 
今晩、わたしは嫁ぎ先の身になるのです。」    


posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。