2019年07月03日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」7


まるで分かりません。 


Και οι συμπέθεροι πάλι του γαμπρού τραγούδησαν:

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να δεχτείς την πέρδικα,
για να δεχτείς την πέρδικα
που περπατεί λεβέντικα.

Για ιδέστε την, για ιδέστε την,
ήλιο, φεγγάρι πέστε την.
Για ιδέστε την πως περπατεί,
σαν άγγελος με το σπαθί.

Αυτού που ζύγωσες να μπεις,
ήλιος, φεγγάρι θα φανείς.

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να τη βάλεις στο κλουβί,
σαν το πουλί να κελαηδεί.



Google翻訳: 
そして、新郎の新郎は再び歌いました:

私は行った、女性と義母、
ヤマウズラを受け入れる
ヤマウズラを受け入れる
誰が寛大に歩きます。

彼女に会うために、彼女のために、
太陽、月は彼女に言う。
彼の歩き方を見ると
剣を持った天使のように。

あなたが入ってきたのは
太陽、月が現れるでしょう。

私は行った、女性と義母、
ケージに入れる
歌う鳥のように。 


Bing 翻訳: 
そして、新郎は再び歌いました:

EVGA、愛人と義母、
パートリッジを受け入れるには
パートリッジを受け入れるには
レヴェンティカを歩く者

ほとんどの場合、
太陽よ、月が言うんだ
彼女の歩き方に関しては
剣を持った天使のように

体重の重い男
太陽、ムーンが登場します。

EVGA、愛人と義母、
檻に入れるには
まるで鳥が見えるかのように。


posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。