2019年07月03日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」7






Και οι συμπέθεροι πάλι του γαμπρού τραγούδησαν:

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να δεχτείς την πέρδικα,
για να δεχτείς την πέρδικα
που περπατεί λεβέντικα.

Για ιδέστε την, για ιδέστε την,
ήλιο, φεγγάρι πέστε την.
Για ιδέστε την πως περπατεί,
σαν άγγελος με το σπαθί.

Αυτού που ζύγωσες να μπεις,
ήλιος, φεγγάρι θα φανείς.

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να τη βάλεις στο κλουβί,
σαν το πουλί να κελαηδεί.






 すると今度は、花婿の両親が歌います: 

出て来て下さい、奥さん、お姑さん、 
出て来て、ウズラを受け入れて下さい、 
出て来て受け入れて下さい、 
きれいに歩くウズラを受け入れて下さい。  

ウズラを見て下さい、見て下さい、 
太陽か、月かに見間違うでしょう。 
ウズラが歩く様を見て下さい、
剣を持った天使の様。 

あなたらが捕まえようと近づくと、 
太陽か、月の様に見えるでしょう。 

出て来て下さい、奥さん、お姑さん、 
出て来て、ウズラを鳥かごに入れて下さい、 
きれいにさえずる小鳥の様に。  







 この歌の歌詞の訳は、見当です。 

posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。