2019年07月08日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」8





  Το πρωί φόρτωσαν τα προικιά.
  Η νύφη προχώρησε για ν’ ανεβεί στο στολισμένο της άλογο. Τα μάγουλά της ρόδιζαν όπως οι ράχες από τον ήλιο που πρόβαλε εκείνη τη στιγμή. Όταν χαιρέτησε τη μητέρα της, τον αδερφό της, τους δικούς της, έκλαιγαν όλα τα γεροθανασαίικα. Τα δάκρυα έτρεχαν νερό. Να τα δυο ποτάμια που είχε δει η Αφρόδω στ’ όνειρό της!





 朝、皆んなは、嫁入り道具を積み込みました。 
 花嫁は、前へ進んで、飾り付けられた馬に上がりました。アフロドウの両頬は薔薇色になりました。その時姿を現した太陽で、薔薇色になった尾根尾根と同じでした。自分の母、妹たち、家の者たちにに挨拶をすると、ゲロサナサイカはみんな泣いたのです。涙が流れ落ちました。ああ、アフロドウが夢で見た二本の川がそれなのでした。  




posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。