2019年07月10日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 10

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」10





Τα βιολιά έπαιζαν στο ξεκίνημα, τα κορίτσια τραγουδούσαν:

Πούν’ η νύφη μας,
το κορίτσι μας…
Πήγε στον μπαξέ,
στα τριντάφυλλα…


  Ο αδερφός του γαμπρού έσυρε το γκέμι από το άλογο της νύφης. Για τιμή της αυτός θα πάει όλο τον δρόμο πεζός. Το συμπεθερικό ξεκίνησε, ανέβηκε το ύψωμα, φεύγει για το Περιστέρι. Τώρα φαίνεται πολύ μακριά. Σε λίγο χάθηκε πίσω από το βουνό.
  Αφρόδω, καλή μας Αφρόδω!





 ヴァイオリンが、出発の時に、演奏されます。少女たちが歌います。 

わたしたちの花嫁が言うの、
わたしたちの女の子…
庭に行くの、 
バラの咲いてる…

 花婿の弟が、花嫁の馬の手綱を引きます。面目にかけて、彼は、道中ずっと歩くのでしょう。結婚の行列が動き始めました、丘に登ります、ペリステリに向けて出発したのです。今は、もう遠くに見えます。もうすぐ、山の後ろに見えなくなります。 
 アフロドウ、元気でね、アフロドウ!   



posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。