2019年07月16日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」1



Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε




  Ο Γκέκας περίμενε να ξαναγίνει ο γάμος της Αφρόδως και την άλλη μέρα. Είχε ροκανίσει τόσα κόκαλα την Κυριακή!
  Πήγε στις βλάχικες καλύβες και τη Δευτέρα και την Τρίτη και την Τετάρτη. Είδε όμως πως ο γάμος δεν γίνεται κάθε μέρα. Άμα γύρισε στις καλύβες των παιδιών τη νύχτα, έλαμπε στον ουρανό το στρογγυλό φεγγάρι. Ο Γκέκας δεν γαύγιζε το φεγγάρι, καθώς συνήθιζε, γιατί είχε το βράδυ εκείνο πολλά στον νου του. Κάθισε απέξω από τις καλύβες, με το κεφάλι κοντά στην ουρά του, και συλλογιζόταν.





 次の日には、ゲカスは、もう一度アフロドウの結婚式が始まるのを待っていました。ゲカスは、日曜日には、それはたくさんの骨をかじっていたのです! 
 月曜日になって、ゲカスは羊飼いの小屋に行ってみました。火曜日にも、水曜日にも行ってみたのです。けれども、結婚式は毎日はないと言うことが分かったのです。夜、子供たちの小屋に帰る時には、丸い月が空に輝いていました。ゲカスは月に吠えませんでした、いつもはそうしているのにです。夜には、多くのことが頭の中にあったからなのです。小屋の外に座って、頭を尻尾の側にくっ付けて、じっと考えていたのです。  

posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。