2019年07月17日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」2





  ≪ Προχτές ο μπάρμπας μου ο Μούργος κι ο άλλος μπάρμπας μου ο Πιστός κι ο παππούς μου ο Κίτσος κυνήγησαν έναν λύκο… Εγώ τι κάνω εδώ; Μόνο παίζω με τα παιδιά. Και καμιά φορά γαυγίζω. Μα εγώ είμαι μεγάλος σκύλος τώρα. Κι ένας σκύλος που μεγάλωσε δεν πρέπει να τρώει το ψωμί και τα κόκαλα άδικα, όπως εγώ. Τα παιδιά δεν έχουν κοπάδια να φυλάξω ούτε άλλη δουλειά μου δίνουν. Δεν έχω κάνει τίποτα! ≫





 「おととい、ぼくのムウルゴスおじさんと、もう一人のおじさん、ピストスおじさんは、それに、おとうさん、キッツォスは、一頭の狼を追いかけて…、で、ぼくはここで何をする? みんなと遊ぶだけ。で、時々、吠える。でも、ぼくは、もう、大人の犬だよ。大人になった犬と言うものは、パンや骨を無駄に食べちゃいけないよ、ぼくみたいには。子供のみんなは、守る羊の群れも持ってないし、他の仕事をぼくにくれないし。ぼくはなにもしてない!」  





posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。