2019年07月22日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」3





  Ο καημένος ο Γκέκας πολύ στενοχωριέται.
  ≪ Να μπορούσα ≫, συλλογίζεται, ≪ να τους το πω. Θα κουνήσω αύριο την ουρά μου πολλές φορές μποροστά στον Αντρέα, στον Φάνη και στον Δημητράκη. Βέβαια θα με καταλάβουν≫
  Αυτή τη συτιγμή άκουσε κατιτί στις ακρινές καλύβες. Σήκωσε το κεφάλι κι είδε έναν ίσκιο που έφευγε βιαστικός. Τρία πηδήματα έκανε ο Γκέκας. Ποτέ δεν είχε πηδήσει τόσο μακριά στη ζωή του. Ένα κρα! Ακούστηκε και μια πνιγμένη φωνή κότας.





 かわいそうなゲカスは、すっかりしょげています。 
 じいっと考えたのです。「みんなに言えたらなあ。あした、アンドレアスの前でぼくの尻尾を何度も振ってみよう、ファニスの前で振ってみよう、それで、ディミトラキスの前で振ってみよう。きっと、みんなはぼくの言いたいことがわかるよ。」 
 ちょうどその時、小屋の一番端で何か鳴るのが聞こえたのです。ゲカスは、頭を上げました。すると、さっと逃げて行った影が目に入ったのです。ゲカスは、三度飛び跳ねたのです。今まで生きていて、こんなに遠くへ飛んだことはなかったのです。カー! 雌鶏の絞められた声が聞こえました。  

posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。