2019年07月23日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」4





  Ήταν η αλεπού! Είχε αρπάξει στα δόντια της μια κότα κι έτρεχε. Όταν η αλεπού άκουσε θόρυβο, υποψιάστηκε πως είναι σκύλος. Τότε άφησε την κότα κι έτρεξε περισσότερο.
  Έπρεπε ένας σκύλος να είναι καλός στο τρέξιμο και να βάλει όλα τα δυνατά του για να μπορέσει να τη φτάσει. Τόσο πολύ τρέχει μια αλεπού. Όταν όμως η αλεπού έκανε λίγα πηδήματα, μετάνιωσε και γύρισε ξαφνικά πίσω για να πάρει την κότα. Γιατί τη βρήκε πολύ παχιά.
  Έτσι την έπαθε.





 それは狐でした! 牙で一羽の雌鶏に噛み付いて、逃げたのです。狐は物音を聞くと、犬ではないか知らと、勘ぐったのです。それで、雌鶏をそのままにして、ものすごく慌てて逃げたのです。 
 犬というのは、走るのが上手いに決まっているのです。狐に追いつける様に全力を出せるはずなのです。狐は必死で走っています。でも、狐は、ちょっと飛び出した後、考え直したのです。そして、雌鶏を取ろうと引き返したのです。とっても太っているのを見てたからなのです。 
 そうして、狐はひどい目に会ったのです。   


posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。