2019年07月24日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」5





  Ο Γκέκας την πρόφτασε και την άρπαξε από τον λαιμό. Δεν θα την αφήσει! Η αλεπού φωνάζει, δέρνεται, θέλει να δαγκώσει. Σφίγγει τα δόντια του επάνω της και μουγκρίζει ο Γκέκας. Φωνάζουν οι κότες από το κοτέτσι, τρέχει ο κυρ-Στέφανος έξω με το τουφέκι. Ξυπνάει ο Αντρέας, ο Δήμος, ο Κωστάκης. Ξυπνούν όλοι.





 ゲカスは狐に追いつきました。すると、首に噛みついたのです。もう放さないでしょう! 狐は叫びます、激しく動いて嘆きます、噛みつこうとします。ゲカスは牙を狐にきつく押し当てます、そして、唸るのです。雌鶏たちは、鳥かごから鳴き立てます。ステファノスさんが鉄砲を持って外に飛び出して来ましたよ。アンドレアスが起きました、ディモスが起きました、コスタキスが起きました。みんなが起きたのです。   





posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。