2019年08月05日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」6





  ≪ Το σκοινί! Ένα σκοινί γρήγορα! ≫ φωνάζει ο κυρ-Στέφανος όταν είδε στο φως του φεγγαριού πως ήταν η αλεπού. Θέλησε να τη δέσει και κρατούσε το τουφέκι του έτοιμο μήπως η αλεπού ξεφύγει.
  Τα περισσότερα παιδιά ρωτούν: ≪ Τρώει; Δαγκώνει; ≫ Και δεν πλησιάζουν. Πρώτη φορά βλέπουν αγρίμι ζωντανό.





 月明かりの下で狐がいるのを見ると、「縄、縄を一本早く!」とステファノスさんは叫びました。ステファノスさんは、狐を縛りたかったのですが、狐が逃げるかもしれないので、鉄砲は構えたままでした。 
 子供たちの多くが、「咬むの? 噛む?」と尋ねました。それで、近づきませんでした。子供達は、野生の動物を見るのが初めてだったのです。  





posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。